授業製作フレーム組付け

2年生のメンテナンス授業で、これまでにビルディングで製作したフレームの組付けを行いました。

ブレーキ台座の取りつけ位置、フレームとクランク・チェーン・タイヤなどの干渉がないかなど、製作する上で注意すべきことは挙げきれないほどあります。
特に自由度が高くなる2年次課題のMTB、小径車ではこれらの問題をクリアしておかなければなりません。

特に小径車に関しては設計も課題のひとつなので、より強い想いがフレームに表現されます。

【製作者】BP2-1 相澤翼
強度に気を配ったトライアルバイク。

【製作者】BP2-1 勝本丈
ハンドメイドならではのジオメトリーに挑戦して製作。

【製作者】BP2-2 増田裕一
トップチューブとダウンチューブの長さ調整が可能で、老若男女問わず乗車可能。

【製作者】BC2-1 横溝志郎
奥様用に製作。泥除け、キャリアなど、乗り手を意識したものづくり。

【製作者】BC2-2 石川竜也
補助輪付き幼児自転車。

ここに掲載できなかった作品も、それぞれから強い意思が感じられ、私も久々に製作したいと思いました。

藤堂