大阪JWFカルチャー研修旅行報告

大阪校JWF1年生は、三重県鳥羽にあるミキモト真珠島に研修旅行に行ってきました。

 

学校付近よりバスに乗り込み、出発!

 

 

ミキモト真珠島は真珠のジュエリーで世界的に有名である、MIKIMOTOの創始者、御木本幸吉氏が世界で初めて真珠の養殖に成功した場所です。現在は博物館が建てられ、真珠に関する歴史、科学、養殖、そしてジュエリーを始めとする美術工芸品が紹介されています。

 

 

現地では博物館館長 松月清郎様によるパールジュエリーのハンドリングセミナーを開催していただきました。

博物館の展示では見る事のできない細部までを手に取って、ルーペで覗いて鑑賞します。

細かい作りやカラフルな色遣いを、食い入るように見てしまいます。

 

セミナー後は、各自博物館内を見学しました。

 

真珠はジュエリーの素材として根強い人気があります。その魅力を伝えられる作品を作るには、その素材のこと良く知ることが重要です。

これほどまで深く真珠について学べる場所は無いと言っていいくらいの研修先に訪れることができ、大満足の1日でした。