JWF・SH・BM1年生対象セミナー 『オリジナル商品を売る』

10/30(木)にJWF、SH、BM1年生を対象に『オリジナル商品を売る』というテーマでセミナーを実施しました。

講師には本校メタルクラフトコース卒業の眞貝瑞季(しんかいみずき)さんをお迎えしました。眞貝さんは、現在RICOというジュエリーブランドを立ち上げ、合同展示会(PLUG-IN)出展や、H.P. FRANCEのショップにおいての販売会、またミネラル・アート・フェアに出展するなど幅広く活躍されています。

また、このセミナーに入る前に「マイクリエーション」と題して、これまでの作品制作や現在の活動についてインスト在学生の柳本暦さん、佐藤航さんにお話していただきました。
1年生にはとてもわかりやすく、身近な先輩のお話だったので、とても印象に残ったようです。

眞貝さんのセミナーでは学生時代の様子や作品、量産の仕事を経て、ブランドを立ち上げるまでの経緯と現実的なエピソードを交えてお話いただきました。
セミナーの最後には事前に集めたアンケートを元に、質問に答えていただきました。

その質問の一部をご紹介します。
・なぜ、ブランドを立ち上げようと思ったか?
・自分の商品をどのように市場に紹介して行ったか?
・ブランド立ち上げ資金はどのくらいか?
・オリジナル商品を作る上で最も大切にしている事は何か?
・ブランドを立ち上げて最も嬉しかった事、苦しかった事は何か?
・デザインのアイデアはどのよに探すか?
・壁に打ち当たった時、どのように乗り越えてきたか?

質問の内容は現実的なものから、精神的なことまで多岐に渡りましたが、眞貝さんはそれぞれの質問に対し、正直に真摯に回答してくださり、学生にはとてもよい刺激になったようです。セミナー終了後には、お持ちいただいたRICOの商品を囲んで眞貝さんと楽しそうに話をしているのが印象的でした。

最後に、眞貝さんにとってジュエリーとは何か?という質問をぶつけたところ、「人生を楽しむツール」との答えが帰ってきました。
本当に作る事が好きで、ジュエリーが大好きなデザイナーさんなのだと、改めて実感しました。

このセミナーを聞いた学生の中から、オリジナルブランドを立ち上げる人が何人出るか、今から楽しみです。