国際観光デザインフォーラム2015 レポート

昨年8月より、準備を進めてきた国際観光デザインフォーラム2015

が6/7(日)に鎌倉・妙本寺、本堂と書院にて行われました。

参加した学校は、慶応義塾大学・文京大学・日本大学・多摩美術大学・

東北工科芸術大学・金沢美術大学・そしてヒコ・みづのジュエリーカレッジと

東京サイクルデザイン専門学校です。

本堂ではリサーチ結果をもとにしたプレゼンテーションが行われました。

まずは「消費班」、「サービス班」、「観光班」、「生産班」のプレゼンテーション。

こちらは各学校の学生達による混成チームとなっており、各班でリサーチした視点から、

それぞれの問題点と提案が発表されました。

ヒコからは「サービス班」の発表をSHM3の津曲くん。

かまくらやさいのブランド力をアピールするための証明書とバッチを提案しました。

「観光班」の発表をするFAA3の藤永さん。

かまくらやさいを使用したブローチ制作のワークショップを開催し、

かまくらやさいの魅力をアピールする呼びかけの提案をしました。

その他にも「やさいのお守り/ヒコ」、「やさいのシューズ/ヒコ」、

「やさいを包む/多摩美プロダクト」、「やさいのエプロン/多摩美テキスタイル」

「やさいの自転車/TCD」のプレゼンテーションも行いました。

書院では、発表に基づいたプロダクトの制作展示・販売を行いました。

やさいのお守りは用意していた多くが即売!

3種類のお守りを制作しましたが、3種類とも買っていってくれるお客さんも多く見受けられました。

お守りは実際に妙本寺の本堂にて祈祷していただいた、「本物のお守り」です。

*お守りをご祈祷していただきました。

TCDの自転車は外のこんな場所で展示しました!

多くの方々に自転車の可能性を知っていただく良い機会になりました。

*住職の早水さんと一緒に。

この1日のために半年間頑張ってきた、ヒコのみなさん、そして他大学のみなさん

お疲れさまでした!

そしてこの機会を与えていただいた藤原大先生、その他大学の先生方、ありがとうございました。